nobulog ~ 横浜、名古屋、そして ジャカルタへ

日本、インドネシアでの暮らし、ライフスタイル、仕事、カネ、遊び、グルメについて、感じたこと、思ったことを発信しています。

絶品グルメレポート① 最強!「あつた蓬莱軒」の ひつまぶし

f:id:nobu2019:20190114133658j:plain

こんにちは! nobuです。

先日の熱田神宮参拝の後、ひつまぶしを食べてきました。久しぶりの鰻です。お店は、熱田神宮の門前にある蓬莱軒熱田神宮です。

お店には、11時頃に着きましたが既に長蛇の列ができておりました。開店時間の11時半まで並び、順番にお店の中へと案内されます。12時過ぎた頃に、ようやくお声がかかりました。通されたのは、2階のお座敷の間です。

 

早速ひつまぶしを注文しましたが、ここからがまた我慢のしどころ。

 

注文を受けてから、鰻を焼いていただけるのでかなり待たされます。仕方がないのでビールを1本頼み、お漬物をあてにちびちびやりながら、うなちゃんのご登場を待ちます。

30分程経ったでしょうか、香ばしい香りとともに”ひつまぶし様”が運ばれてきました。タレの甘いニオイと、少し焦げたニオイが相まって、堪りません。鰻の焼き加減も丁度よし!柔らかくて、少し焦げがあって。最高、いや最強です!

 

良く言われている“ひつまぶし”の食べ方は、次のとおりです。

1.まず、お櫃に入った“ひつまぶし”を4等分に分ける。1杯目はそのまま食す。

2.2杯目は、葱・海苔・山葵などの薬味を好みで混ぜて食す。

3.3杯目は、だし汁をかけてお茶漬けで。

4.そして、最後の1杯は自分の好きな食べ方で仕上がます。

 

そうなんです。いろんな食べ方を味わいなさい、と言っているんです。

でもね、いつも思うのは、やはりそのまま食べるのが一番美味しい、ということです。

なので、最近はもっぱら初めから最後まで、そのままの“ひつまぶし”を薬味もだし汁もかけず楽しんでいます。パラパラと少し山椒をかけてくらいかな。

だし汁もお吸い物としていただきます。

 

どうです、ひつまぶしが食べたくなったでしょ??

名古屋にお越しの際には、是非ご賞味くださいませ。