東京駅新丸ビル「酢重正之 楽」の 剛極太蕎麦はアゴも喜ぶのだ!

皆さん、こんにちは。ジャカルタ住まいの nobuです。

先日、イスラムの断食明けの休暇を利用して一時帰国したときのことです。東京駅で用事を済ませて、時計を見ると13時過ぎ。無性に蕎麦が食べたくなりました。

私が今住んでいるジャカルタでも、いろんな日本食が食べられますが、実は日本蕎麦のお店は意外とないんです。僕は日本に住んでいた頃は、駅の立ち食い蕎麦によくお世話になったものです。週2,3度は通ってたんじゃないかな? インドネシア人には日本蕎麦よりも、うどんの方が人気があるみたいで、蕎麦好きの僕にとっては寂しい限り…

そんな訳で、東京駅で日本蕎麦を食べることにしました。携帯で検索して、比較的近くにあって食べログポイントが高い店を探します。そして、新丸ビルの地下に良さそうなお店を発見しました。

今回はそのときのことを思い出して記事にしてみました。内容は、こんな感じです。

  • 急に日本蕎麦が恋しくなった!
  • 東京駅「酢重正之 楽(スジュウマサユキ ラク)
  • お客さんウォッチング
  • 最強「とろろ蕎麦」
  • まとめ

急に日本蕎麦が恋しくなった!

ジャカルタにいると、日本食が恋しくなります。

もちろん、ジャカルタにも日本人が多いので日本食屋は多いですが、旨い日本蕎麦を提供してくれるお店は残念ながらあまりありません。

東京駅で用事を済ませて、時計を見ると13時過ぎ。どうりでお腹がペコペコなはずです。急にどうしても、日本蕎麦が食べたくなりました。

時間があれば、神田に出向いて、まつや藪蕎麦に行くところですが、そこまでの時間はありません。次の予定もあり、許された時間は1時間程度です。

早速、携帯で日本蕎麦のお店を検索しました。

東京駅「酢重正之 楽(スジュウマサユキ ラク)」

気になったのは、「酢重正之 楽(スジュウマサユキ ラク)」。

変な名前のお店だけど、食べログではなかなかの評価だったので、このお店に行ってみることにしました。新丸の地下にあるお店です。

 入口には日本酒の一升瓶が並んでいます。なんかいい感じ〜 さすがに平日のお昼過ぎから日本酒を飲んでいるお客さんはいないようですが、丸の内のサラリーマンが会社帰りに寄っていくんでしょうね…

新丸の内ビルの地下にあります。

13時を回ってましたが、20名ほどしか入れないお店はほぼ満席です。お客さんは 8割が女性です。運良く一番奥の席が一席空いていたので、そこに通されました。

メニューをもらって、どの蕎麦にするか暫し考え、とろろ蕎麦(冷)を注文!

ウレシイことに大盛にしても値段は同じ、ということで、迷わず大盛にしました。

お客さんウォッチング

蕎麦が提供されるまで、ゆっくり回りのお客さんを観察します。

先程も書きましたが、ほぼ8割が女性。経験的に、女性客の多いお店は美味しくて財布にも優しいお店が多い。期待が高まります。

眼鏡をしている方が多い。頭良さそう。

皆さん、丸の内のOLさんなんでしょうね(お疲れ様です!)

仲間と来ているお客はほとんどおりません。ほとんどお一人様。

ランチタイムを少しずらして、お店が混んでない時間帯を狙ってお昼を食べに来ているご様子。

皆さん黙々とお蕎麦を食べることに集中しています。真剣です。蕎麦の汁で衣服が汚れないように紙のエプロンを掛け、長い髪を結んで、蕎麦をすすっています。

会話が聞こえない。聞こえてくるのは、BGMのJAZZYな曲と、蕎麦をすする音だけ。

最強「とろろ蕎麦」

待つこと10分。注文した「とろろ蕎麦」が運ばれてきました。

蕎麦は見えません。とろろ、刻み海苔、スリ胡麻、揚げ玉で覆いつくされてます。

トッピングで蕎麦が見えない…

箸でつつくとしたから、極太の蕎麦が現れました。

食べてみると、歯応えあり、というよりも噛み応えあり。剛麺です。

前歯ではなくて奥歯でゆっくり噛みしめて味わいます。噛みしめる度に蕎麦の香りが口の中に広がります。

とろろの粘りと汁が相まって、蕎麦に絡まり丁度良いバランスです。揚げ玉は不思議なことに汁に浸って時間が経ってもしなっとならず、カリカリとした食感が残っています。これも美味。

う~ん、これは美味い! 顎(アゴ)も喜んでいる。

丸の内のOLさんが黙々と食べている理由がとても良く分かりました。

これで 890円也。ご馳走様でした。

まとめ

東京駅で日本蕎麦が食べたくなったら、「酢重正之 楽」をお勧めします。

歯応えしっかりの蕎麦で食べ応えありです。顎(あご)も喜びます。

場所は、新丸ビルの地下ですので見つけ易いと思います。ただし20席程なので、お昼の時間帯は少しずらして行った方が良いかもしれません。

是非、皆さんのご意見、ご感想も聞いてみたいです。

次回は、隣のお姉さんが食べてた「とり辛味蕎麦」を食してみたいです。 

そうそう、夜も楽しそう。日本酒と摘み。仕上げに蕎麦。

やっぱりいいですね~、日本は。 では、また!

お品書き(写真が見にくくてスミマセン)。

おまけ

半年後、また一時帰国の機会がありまして、その時はしっかり「とり辛味蕎麦」をいただきました。その時撮った画像をアップしておきます。ピリッと美味かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です