マドリッドの金髪美少女と”謎”のオッサン

先日、マドリッドに出掛けた時の話です…
夕方の「Hard Rock Cafe」の前は、多くの人で溢れています。
携帯見ながら立ち止まって誰かを待っている人、その間を縫うように行き交う人々。 僕もその他大勢の1人として、携帯を片手に仲間が来るのを ぼーっと待っていました。

そのときです!

突然、まだあどけなさを残した金髪の少女が、僕の視界に飛び込んできました。

年は10才程でしょうか。隣には母親らしき女性が一緒です。
僕はまったく無意識のうちに、この少女にロックオンし観察を始めていました。   すると次の瞬間、少女が何かを見つけたようです。
表情がパッと明るくなり、いたずらっ子が得意な“にっ”とした微笑みを浮かべました。  

いったい何を見つけたんだろう??

直ぐ隣にいる母親(らしい)女性も、ほぼ同時に少女と同じ方向にある“何か”を見つけましたが、少女とは対照的に、眉間にシワを寄せて渋い顔をして、同じ方向を見つめています。 間違いなく、好ましくないものを見ている目つきなのです(いったい何を見つけたんだろう??)。

<写真の少女が”何か”を見つけたようです>

写真はこのときの一瞬を撮影したものです。
どうですか? 対照的な表情でしょ??
彼女たちの対照的な感情がストレートに伝わってきます。
いったい、彼女たちの目線の先には “ナニ”があるというのでしょうか??   

タネ明かし…  それは不思議なオッサンでした。

しかし、ただのオッサンではありません。「黄金のオッサン」だったんです!

僕は反射的にスマホをカメラモードに切り替えて、パチリ。
写真左隅にいる「黄金のオッサン」。とても怪しいです…
ベンチに腰掛けてじっと動かず、その景色の中に溶け込んでいます。 随分前からそこにいるはずなのに、気配をまったく感じさせない… 誰かに見つけてもらうのをひたすら待っていたようです。

もしかしから息もしていないような「黄金のオッサン」…
誰かに発見されることを待っている「黄金のオッサン」…
少女には受け入れらても、母親には拒否られる「黄金のオッサン」…

僕も、この少女が知らせてくれなかったら、危うくその存在に気が付かなかったかもしれません。     「黄金のオッサン」はまったく動かないけれど、その少女の発見によって、自らの存在意義が明確となったのでした~

きっと「黄金のオッサン」は心の中で、その少女に「見つけてくれてありがとう」と
御礼を述べたに違いありません。
(どこの国にもいるんですね、金色とか、銀色とか、青色になっちゃう人って)  

でも、どうやって自分の家まで帰るのでしょうか?
このまま黄金のままの姿で、バスに乗って地下鉄に乗って、帰るのでしょうか? (黄金のオッサンが吊革につかまっているシーンを想像してしまいます)
あるいは、高級リムジンがお迎えに来たりするのでしょか? (実は、超金持ちの道楽だったりして…)

などと、黄金のオッサンについて、次の妄想がモクモク湧いてきたところで、待ち人が現れたのでした~    

最後まで、お付き合いいただきまして、ありがとうございました!    

Madridの Hard Rock Cafe の前にて
黄金に輝くオッサン@Madrid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です